ビジネスローンの用途


ビジネスローン比較講座


We propose the optimal home for you.
メインイメージ

ビジネスローンの用途

ビジネスローンを有効に活用する

ビジネスローンとはその名の通り事業目的で資金調達を行う際に融資を受けることができるローンです。用途が事業目的に限定されている一方、その範囲内なら幅広く活用できる点が魅力です。大きな利益が見込めるビジネスチャンスを活かすための資金調達として、取引の決済前の資金調達として、あるいは赤字の穴埋めとして、ケースバイケースで活用することができるのです。

さまざまな用途とシチュエーションを確認しておく

さまざまな用途に活用できるわけですが、できるだけ幅広く使用する状況を見越しておいた上で融資を検討したほうが賢明です。ビジネスローンの場合どうしても経営状況が厳しい段階になって融資を申し込むケースが多く、赤字の穴埋めや当座の現金の調達といったひとつの目的ばかりに限定されてしまいがちですが、早め早めの利用を心がけ、幅広い目的で活用することで経営状況の好転はもちろん、事業の拡大・安定化にも役立てることができます。

たとえば事業拡大や設備投資。積極的な目的で経費が増大する際に役立てれば企業の成長が期待できますし、その分返済もしやすくなります。またつなぎ融資として活用する方法もあります。商品の調達などビジネスの際には先行投資が必要になるケースもあります。その資金さえ確保できれば確実に利益や黒字化が見込めるにも拘わらずその資金が足りないためにチャンスを逃してしまう、中小企業にはこうしたケースが少なくありません。黒字にもかかわらず資金繰りが悪化して倒産に追い込まれる黒字倒産はその典型的なパターンです。ビジネスローンではこうした短期的な借り入れを前提にしたつなぎ融資としても役立てることができるのです。

開業資金には使用できない

このように幅広い用途で役立つビジネスローンですが、ひとつだけ注意したいのは開業資金には原則として使用できないこと。というよりビジネスローンでは最低でも事業歴1年以上が求められることが多く、これから開業する企業はそもそも融資を受けられないことがほとんどです。この点さえ踏まえておけばビジネスローンを最大限有効に活用することができるはずです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ビジネスローン比較講座 All Rights Reserved.