ビジネスローンを申し込むタイミング


ビジネスローン比較講座


We propose the optimal home for you.
メインイメージ

ビジネスローンを申し込むタイミング

審査をクリアするためには申し込みのタイミングも大事です

ビジネスローンとは経営状況が厳しくなった時に利用するケースが多く見られるローン商品です。無担保、第三者の保証人なしといったメリットもあるのでしょう。資金繰りが厳しくなって資金調達の手段が限られてしまった段階になってようやく利用するケースが多いのです。その点では最後の頼みの綱、といった面を持ち合わせているわけですが、一方では経営状況が悪化すればするほど審査が通りにくくなる面もあるのです。ですからビジネスローンとは本当に必要になった時ほど融資を受けにくい、という少し皮肉な面もあるローンでもあるのです。

早め早めを心がけて

こうした事情からビジネスローンの申込みは早め早めを心がけるのが鉄則です。債務超過に陥ってしまった状況ではまず審査は通りませんし、経営状況が厳しい状況でも同様です。本当に必要になる一歩前、まだ余裕がある段階に利用するのがもっとも理想的です。

ただこのタイミングを見計らうのはなかなか難しいのも事実です。「これから業績が悪化しそうだな、今のうちにビジネスローンで損失の穴埋めの資金を確保しておくか」などと考えて経営を行う経営者はいないでしょう。そのためどうしても実際に事業が悪化した段階になって、あるいは赤字に転落した段階になってはじめてビジネスローンの利用を検討するケースが多くなってしまうのです。

決算書を参考にタイミングを見計らう

目安とのなるは決算書です。最新の決算書の段階で黒字の幅が少なくなっていて赤字に転落する可能性がある場合、あるいは大きなビジネスが控えていてまとまった資金が必要になるのがわかっている場合に早めに申し込んでおくと黒字決算の決済書を参考に審査が行われるので審査が通りやすくなります。次の赤字になった決済書で申し込んでしまうと審査に響いてしまい、融資を断られてしまったり、融資額や金利の面で不利な状況になってしまったりする恐れもあります。この点はビジネスローンを利用する上で非常に重要なポイントとなるだけに注意しましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ビジネスローン比較講座 All Rights Reserved.