ビジネスローンのデメリット


ビジネスローン比較講座


We propose the optimal home for you.
メインイメージ

ビジネスローンのデメリット

デメリットも把握しておこう

ビジネスローンを有効に活用するためにはメリットだけでなくデメリットもしっかりと確認しておくことが大事です。とくに厳しい資金繰りの状況で利用する場合、メリットばかりに目を向けたまま飛びついてしまうことが多く、後になってデメリットが大きな足かせになってしまうことも多くなるので要注意です。

金利が高め

ビジネスローンとは無担保で融資を受けられる事業者向けのローンのことです。そのため担保が用意できない、担保になるような資産を持ち合わせていない中小企業や個人事業主でも融資を受けられるのが大きなメリットとなっているのですが、その分金利が高めに設定されています。通常のローンでは金融機関は万一返済不能に陥った時に担保で回収できることを前提にしたうえで金利を設定しています。しかしビジネスローンではその万一の時の備えがないため、リスク回避のためにどうしても金利が高めになってしまうのです。

また、第三者の保証人が必要ない点も金利を高くしている理由のひとつです。会社の代表者が連帯保証人になるものの、企業が返済不能に陥ってしまった場合、代表者の経済状況も厳しくなりますから、連帯保証人としての価値は未知数です。この点でもリスク回避のために金利を高く設定する理由となるのです。借りやすい一方、返しにくいデメリットを抱えていることを忘れないようにしましょう。

審査が厳しい

金利が高めなのと同様の理由で審査が厳しい点もデメリットとして挙げられます。無担保で融資をする以上、返済能力がある事業者なのかどうかを慎重に判断したうえで決定する必要があるわけです。そのため現在の経営状況だけでなく過去の数期分の経営状況や事業歴なども考慮したうえで審査が行われます。

このようにビジネスローンとはメリットとデメリットが背中合わせに存在している面があるローン商品です。必ず両面をしっかり踏まえたうえで利用を判断するよう心がけましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ビジネスローン比較講座 All Rights Reserved.