ビジネスローンとは融資条件を満たす必要があるローン


ビジネスローン比較講座


We propose the optimal home for you.
メインイメージ

ビジネスローンとは融資条件を満たす必要があるローン

融資を受けるには条件を満たしている必要があります

ビジネスローンと個人向けローンの大きな違いは融資条件にあります。個人への融資とは異なり、ビジネスローンはあらかじめ融資を受ける条件がはっきりと決められており、それを満たしていない場合には審査をクリアするどころか申込みさえ受け付けてもらえません。ですからビジネスローンの利用を検討する際には自分たちの企業が条件を満たしている商品の中から選んでいくことが大前提となるわけです。

この融資の条件は大きく分けて3つあります。債務の状況、納税状況、そして事業歴です。つまり債務超過で返済がとても期待できないような経営状況ではないこと、税金をしっかりと納めていること、そして一定の事業歴があること、です。

経営状況について

現実的に考えて債務超過で厳しい状況に追い詰められている事業者に融資を行って返済が期待できると考える金融機関はないでしょう。あくまで融資によって利益や経営状況の好転が見込め、しっかり返済できると判断できることが絶対条件なのです。この点に関しては申し込みの際に2期分の決算書の提出を求められることが多く、1期のみだけでなく一定期間の経営状況の証明が求められます。

納税状況について

納税状況は基本中の基本です。きちんと納税していない企業は信頼性の段階で問題となりますし、融資を行った後に税務署からの督促や資産の差し押さえといったことが起こってしまうとたちまち返済が滞ってしまうからです。

事業歴について

この点は金融機関によって条件が異なります。明確な条件を定めているところもあれば、基準は設けていないものの審査の際に重要なポイントにするところもあります。最低でも1年以上、できれば3年以上をクリアしていることが望ましいといわれています。

ビジネスローンとはこうした条件をクリアしたうえではじめて融資を受けることができるものです。厳しい状況に利用するローンだからこそ、厳しいハードルが用意されていることを忘れないようにしましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ビジネスローン比較講座 All Rights Reserved.